キャッシングとローンの違い

はい、それでは今回はキャッシングとローンの違いについて解説していきますね。以前にお話した「キャッシング「と「借り入れ」についてですが、この2つは融資の表現方法は異なりますが、意味としては明確な違いはなく、同じような使い方をされています。

 

ですが、『キャッシング』と『ローン』については、はっきりと違う意味を持つ用語として使用認識されていますので間違わないように理解しておいてください。復習になりますが、キャッシングとはどのような意味をもつのでしょうか?
キャッシングとは、「個人向けの小額融資」のことを意味しています。何度もお伝えしてきましたので大丈夫だとは思いますが。

 

あくまでキャッシングは、小額融資ですから、受けた融資だけで、高額な車、自宅、家、不動産投資などの高額な買い物は無理だと思います。自己資金が少しだけ足りないということで、キャッシングで借りて補ったという使い方ならできないこともないですが、そのような使い方をする人はめったにいませんからね。

 

ではローンとはどのような意味なのか説明していきますね。ローンとは、高額な車、商品、家などの大きい金額の物を購入するときに、金融機関からお金を借りて、毎月一定の額を長期間、何年間もかけて返済していく返済の形をいいます。

 

車や家などの高額な買い物をする時には、ほとんどの人がローン契約します。ですので、目的に合わせたのローンのプランを用意している金融機関が多いです。自己資金で買える人は世の中に少ないですから、ローンを組むのは当たり前と言えば当たり前ですよね。

 

キャッシングとローンは、どちらもお金を借りるという意味では同じですが、上限額が違いますし用途も違います。それに上限額が異なれば、融資までには審査のかかる時間も当然変わってきます。ローンでマンションを買うときには、借り手がきちんと返済できる状況なのかを調べるのは当然のことです。

 

ローンと比較して、キャッシングの場合は小額ですから、スピィーディな業者ですと審査が通ったその日にもう融資をしてくれるところもあります。即日融資のところも少なくはありません。多くの人は急にお金が必要になった場合、キャッシングで借りることを選択されています。借りやすいから結果的にそうなります。

 

ローンは一度に大金が動きますので、審査にかかる時間も長いです。受けた融資が自分の手元にくる形でもありません。融資の上限額、使用目的、返済方法など簡単に言えばこの3つがキャッシングとローンの異なる部分になります。